プラグインマニュアル




プラグインマニュアルの凡例

プラグインマニュアルは以下の形式で記述されています。

プラグイン名

種別

プラグインがどのような方法で呼び出しを行えるかを示します。複数の呼び出し方法をもつプラグインも存在します。

  • コマンド − コマンド形式の呼び出しが可能であることを示します。内部的に呼び出されるため、説明を省いている場合はカッコで括られています。
  • ブロック型プラグイン − ブロック型プラグインでの呼び出しが可能である事を示します。
  • インライン型プラグイン − インライン型プラグインでの呼び出しが可能である事を示します。
  • 擬似ブロック型プラグイン − PukiWiki本体で実現されている機能であることを示します。記述方式がブロック型プラグインと同じであるため、便宜上プラグインのマニュアルに含めています。
重要度

そのプラグインの一般的な利用頻度や有用性の目安を示します。さほど重要でない場合は ★☆☆☆☆ が、重要なプラグインの場合は ★★★★★ です。

書式

プラグインでの引数指定方法です。引数の指定方法の表現のため、下記の記述書式を使っています。

  • [] − 省略可能で必要に応じて記述する箇所です。
  • | − |で区切られた複数の項目のうち、指定できるのは1つである事を示します。
  • {} − 中カッコ内のみ引数の指定順序が任意である事を示します。
概要

そのプラグインの機能概要です。

引数

引数の詳細な説明です。

プラグイン内設定

プラグインのソース中で定義されている定数の一覧です。引数で変更できない詳細なカスタマイズが可能となります。

備考

プラグインに関する参考情報です。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sat, 13 Nov 2004 23:42:35 JST (3686d)