Statistics
| Revision:

root / manual / ja / sylpheed-13.html @ 3261

History | View | Annotate | Download (6.83 KB)

1
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
2
<HTML>
3
<HEAD>
4
 <META NAME="GENERATOR" CONTENT="LinuxDoc-Tools 0.9.66">
5
 <TITLE>Sylpheed ユーザーズマニュアル: アドレス帳</TITLE>
6
 <LINK HREF="sylpheed-14.html" REL=next>
7
 <LINK HREF="sylpheed-12.html" REL=previous>
8
 <LINK HREF="sylpheed.html#toc13" REL=contents>
9
</HEAD>
10
<BODY>
11
<A HREF="sylpheed-14.html">次のページ</A>
12
<A HREF="sylpheed-12.html">前のページ</A>
13
<A HREF="sylpheed.html#toc13">目次へ</A>
14
<HR>
15
<H2><A NAME="s13">13.</A> <A HREF="sylpheed.html#toc13">アドレス帳</A></H2>
16

    
17
<P>Sylpheedのアドレス帳では、アドレスの情報を「人物(パーソン)」という単位で管理します。1つの人物に対して複数のアドレスを登録することができます。</P>
18
<P>アドレス帳は、メニューの「ツール>アドレス帳」、ツールバーの「アドレス」ボタンなどによって起動できます。</P>
19

    
20
<H2><A NAME="ss13.1">13.1</A> <A HREF="sylpheed.html#toc13.1">アドレスの登録・削除</A>
21
</H2>
22

    
23
<P>アドレス帳を開いた後、アドレスを登録したいフォルダを「共有アドレス」や
24
「個人用アドレス」などが書かれたリストの中から選択します。
25
その後、
26
<UL>
27
<LI>メニューより「アドレス>新規アドレス」</LI>
28
<LI>追加ボタンを押す</LI>
29
<LI>アドレス表示部分の
30
<A HREF="sylpheed-7.html#context-menu">コンテキストメニュー</A>より「新規アドレス」</LI>
31
</UL>
32

    
33
のいずれかを行うことで追加
34
<A HREF="sylpheed-7.html#dialog">ダイアログ</A>が表示され、それぞれの項目を入力した後OKを押せば登録されます。</P>
35
<P>また登録されたアドレスを選択後、
36
<UL>
37
<LI>メニューより「アドレス>編集」</LI>
38
<LI>
39
<A HREF="sylpheed-7.html#context-menu">コンテキストメニュー</A>より「編集」</LI>
40
<LI>編集ボタンを押す</LI>
41
</UL>
42

    
43
のいずれかを行えば編集ダイアログが表示され、OKを押せば更新されます。</P>
44
<P>同じく登録されたアドレスを選択後、
45
<UL>
46
<LI>メニューより「アドレス>削除」</LI>
47
<LI>
48
<A HREF="sylpheed-7.html#context-menu">コンテキストメニュー</A>より「削除」</LI>
49
<LI>削除ボタンを押す</LI>
50
</UL>
51

    
52
のいずれかを行えばアドレス帳からそのアドレスを削除することができます。</P>
53
<H2><A NAME="ss13.2">13.2</A> <A HREF="sylpheed.html#toc13.2">並べ替えと検索</A>
54
</H2>
55

    
56
<P>右側のリストのカラムタイトルをクリックすると、その項目でリストの並べ替えを行うことができます。</P>
57
<P>「検索:」入力欄に文字列を入力してEnterを押すと、名前、アドレス、備考で絞り込み検索が行えます。</P>
58

    
59
<H2><A NAME="ss13.3">13.3</A> <A HREF="sylpheed.html#toc13.3">情報の移動・コピー</A>
60
</H2>
61

    
62
<P>フォルダ間で情報の移動を行うには、右側のリストで対象を1つまたは複数選択し、左の移動先のフォルダにドラッグ&amp;ドロップします。コピーする場合は Ctrl キーを押しながらドロップしてください。</P>
63
<P>もしくは、メニューの「編集」もしくはコンテキストメニューより「コピー」を選択します。その後、コピー先のフォルダを選択し、メニューもしくはコンテキストメニューより「ペースト」を選択することで、情報をコピーすることができます。</P>
64
<H2><A NAME="ss13.4">13.4</A> <A HREF="sylpheed.html#toc13.4">フォルダとグループ</A>
65
</H2>
66

    
67
<P>グループはあらかじめ登録された複数のアドレスを入れることのできる特殊なフォルダです。
68
フォルダの中にフォルダやグループを作成することは可能ですが、グループの中にフォルダやグループを作成することはできません。
69
<UL>
70
<LI>メニューより"アドレス>新規グループ"</LI>
71
<LI>アドレス表示部分の
72
<A HREF="sylpheed-7.html#context-menu">コンテキストメニュー</A>より「新規グループ」</LI>
73
</UL>
74

    
75
のいずれかを行えばグループを作成することができます。
76
矢印ボタンで「利用可能なアドレス」と「グループのアドレス」間でアドレスを移動して登録します。</P>
77
<H2><A NAME="address-combo"></A> <A NAME="ss13.5">13.5</A> <A HREF="sylpheed.html#toc13.5">メッセージ作成ウィンドウとの連携</A>
78
</H2>
79

    
80
<P>
81
<A HREF="sylpheed-11.html#message-create">メッセージの作成</A>画面で、
82
<UL>
83
<LI>メニューで「ツール>アドレス帳」</LI>
84
<LI>ツールバーの「アドレス」ボタンをクリック</LI>
85
</UL>
86

    
87
することでアドレス帳画面を出すことができ、
88
そこでアドレスやグループを選択して「宛先:」, 「Cc:」, 「Bcc:」ボタンを押せば
89
それぞれメッセージ作成ウィンドウの宛先, Cc, Bccにアドレスが追加されます。</P>
90
<P>複数選択してボタンを押して同時にたくさん追加することも可能ですし、
91
一度アドレスを入力した後、また別のアドレスを選択してボタンを押せば
92
前に追加したアドレスの次に選択したアドレスが追加されます。</P>
93
<H2><A NAME="ss13.6">13.6</A> <A HREF="sylpheed.html#toc13.6">アドレス帳のインポート</A>
94
</H2>
95

    
96
<P>SylpheedはCSVとLDIF形式のテキストファイルのアドレス帳をインポートすることができます。ファイルの文字コードはロケールエンコーディングまたはUTF-8のものが取り込めます。
97
<UL>
98
<LI>「ツール>LDIFファイルをインポート」または「ツール>CSVファイルをインポート」を選択します。</LI>
99
<LI>インポート後のアドレス帳の名前とインポートするファイルを指定します。</LI>
100
<LI>CSVファイルの場合はカンマ区切りかタブ区切りかを選択します。</LI>
101
<LI>「次へ」を選択します。</LI>
102
<LI>必要に応じてインポートするフィールド名を選択します。</LI>
103
</UL>
104

    
105
以上の手順でアドレス帳をインポートすることができます。</P>
106
<P>また、 Windows では初回起動時に Windows アドレス帳(WAB)形式のアドレス帳が自動的に取り込まれます。</P>
107
<H2><A NAME="ss13.7">13.7</A> <A HREF="sylpheed.html#toc13.7">自動登録アドレス</A>
108
</H2>
109

    
110
<P>「自動登録アドレス」アドレス帳には、アドレス帳に登録されていない宛先のメールアドレスが自動的に登録されます。これは「全般の設定」の「送信>一般>宛先のアドレスをアドレス帳に自動登録する」で設定できます。</P>
111
<HR>
112
<A HREF="sylpheed-14.html">次のページ</A>
113
<A HREF="sylpheed-12.html">前のページ</A>
114
<A HREF="sylpheed.html#toc13">目次へ</A>
115
</BODY>
116
</HTML>