Statistics
| Revision:

root / manual / ja / sylpheed-10.html @ 3261

History | View | Annotate | Download (4.34 KB)

1
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
2
<HTML>
3
<HEAD>
4
 <META NAME="GENERATOR" CONTENT="LinuxDoc-Tools 0.9.66">
5
 <TITLE>Sylpheed ユーザーズマニュアル: メッセージの受信</TITLE>
6
 <LINK HREF="sylpheed-11.html" REL=next>
7
 <LINK HREF="sylpheed-9.html" REL=previous>
8
 <LINK HREF="sylpheed.html#toc10" REL=contents>
9
</HEAD>
10
<BODY>
11
<A HREF="sylpheed-11.html">次のページ</A>
12
<A HREF="sylpheed-9.html">前のページ</A>
13
<A HREF="sylpheed.html#toc10">目次へ</A>
14
<HR>
15
<H2><A NAME="receive-message"></A> <A NAME="s10">10.</A> <A HREF="sylpheed.html#toc10">メッセージの受信</A></H2>
16

    
17

    
18
<H2><A NAME="ss10.1">10.1</A> <A HREF="sylpheed.html#toc10.1">POP3の場合</A>
19
</H2>
20

    
21

    
22
<H3>現在のアカウントを受信</H3>
23

    
24
<P>
25
<A HREF="sylpheed-9.html#Account-Config">アカウントの設定</A>を行った後、
26
<UL>
27
<LI>メニューの「メッセージ>受信>現在のアカウントから受信」を選択</LI>
28
<LI>ツールバーの「受信」ボタンを押す</LI>
29
</UL>
30

    
31
のいずれかを行えば
32
<A HREF="sylpheed-9.html#current-account">現在のアカウント</A>のメールを受信できます。</P>
33
<H3>全てのアカウントを受信</H3>
34

    
35
<P>
36
<UL>
37
<LI>メニューの「メッセージ>受信>全アカウントから受信」を選択</LI>
38
<LI>ツールバーの「全受信」をクリック</LI>
39
</UL>
40

    
41
のいずれかを行うことで
42
<A HREF="sylpheed-9.html#Account-Config">アカウントの設定</A>で設定されたすべてのアカウントのメールを受信できます。</P>
43
<H3>アカウントを選択して受信</H3>
44

    
45
<P>メニューの「メッセージ>受信>(アカウント名)」を選択することでそのアカウントのメールを受信できます。</P>
46
<H3>リモートメールボックス機能</H3>
47

    
48
<P>POP3リモートメールボックス機能を使用することによって、POP3サーバ上のメールを直接閲覧、ダウンロード、削除することができます。</P>
49
<P>メニューの「メッセージ>受信>リモートメールボックス...」を選択すると、リモートメールボックスウィンドウが開き、現在選択されているPOP3アカウントのサーバ上のメッセージの一覧を表示します。
50
一覧の取得が完了するまでは「受信」「開く」「削除」の各操作はできません。</P>
51
<P>「受信」ボタンを押すと、現在選択中のメッセージをローカルの受信箱にダウンロードします。</P>
52
<P>「開く」ボタンを押すと、現在選択中のメッセージを新しいウィンドウで開きます。ダウンロードは行われません。</P>
53
<P>「削除」ボタンを押すと、現在選択中のメッセージをサーバから削除します。この操作は取り消すことができませんので注意してください。</P>
54
<P>メッセージ一覧の取得中に「停止」ボタンを押すと、一覧の取得を中止します。表示されているメッセージに対しては操作が可能です。</P>
55
<P>「閉じる」ボタン、またはウィンドウの閉じるボタンを押すと、サーバからログアウトし、リモートメールボックスを終了します。</P>
56
<H2><A NAME="ss10.2">10.2</A> <A HREF="sylpheed.html#toc10.2">IMAP4の場合</A>
57
</H2>
58

    
59
<P>IMAP4アカウントの場合は、フォルダを選択するだけで自動的にメッセージのヘッダを取得して表示します。</P>
60
<P>IMAP4アカウントで「受信」を行った場合は、各フォルダの新着メッセージ数をチェックして、フォルダビューを更新します。</P>
61
<P>
62
<A HREF="sylpheed-7.html#summaryview">サマリビュー</A>でメッセージを選択するとメッセージをダウンロードして表示します。
63
一度ダウンロードしたメッセージはキャッシュされ、2回目以降は高速に表示されます。</P>
64
<P>フォルダの
65
<A HREF="sylpheed-7.html#context-menu">コンテキストメニュー</A>より「ダウンロード」を選択すれば、そのフォルダ内にあるすべてのメッセージをダウンロードすることができます。オフラインで閲覧する場合などに便利です。</P>
66
<HR>
67
<A HREF="sylpheed-11.html">次のページ</A>
68
<A HREF="sylpheed-9.html">前のページ</A>
69
<A HREF="sylpheed.html#toc10">目次へ</A>
70
</BODY>
71
</HTML>