Revision 3261 manual/ja/sylpheed-8.html

View differences:

sylpheed-8.html
1 1
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
2 2
<HTML>
3 3
<HEAD>
4
 <META NAME="GENERATOR" CONTENT="LinuxDoc-Tools 0.9.21">
4
 <META NAME="GENERATOR" CONTENT="LinuxDoc-Tools 0.9.66">
5 5
 <TITLE>Sylpheed ユーザーズマニュアル: メッセージの閲覧</TITLE>
6 6
 <LINK HREF="sylpheed-9.html" REL=next>
7 7
 <LINK HREF="sylpheed-7.html" REL=previous>
......
206 206
<H3>メッセージを保存する</H3>
207 207

  
208 208
<P>メッセージをファイルとして保存するには、対象のメッセージを選択してから、メインメニューの「ファイル>名前を付けて保存...」を選択します。</P>
209
<P>保存したファイルはeml形式もしくはMH形式と呼ばれるもので、他のメールソフトで開くことができます。</P>
209
<P>保存するファイルの形式は以下から選択できます。
210
<UL>
211
<LI>オリジナル (EML/RFC 822): eml形式もしくはMH形式と呼ばれるもので、他のメールソフトで開くことができます</LI>
212
<LI>テキスト: テキスト形式(標準の文字コード(Windowsの場合はShift JIS))</LI>
213
<LI>テキスト (UTF-8): テキスト形式(文字コードはUTF-8(Unicode))</LI>
214
</UL>
215
</P>
210 216
<H2><A NAME="ss8.9">8.9</A> <A HREF="sylpheed.html#toc8.9">メッセージ内のURL</A>
211 217
</H2>
212 218

  

Also available in: Unified diff