Revision 3261 manual/ja/sylpheed-20.html

View differences:

sylpheed-20.html
1 1
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 3.2 Final//EN">
2 2
<HTML>
3 3
<HEAD>
4
 <META NAME="GENERATOR" CONTENT="LinuxDoc-Tools 0.9.21">
4
 <META NAME="GENERATOR" CONTENT="LinuxDoc-Tools 0.9.66">
5 5
 <TITLE>Sylpheed ユーザーズマニュアル: カスタマイズ</TITLE>
6 6
 <LINK HREF="sylpheed-21.html" REL=next>
7 7
 <LINK HREF="sylpheed-19.html" REL=previous>
......
223 223
<H3>HTML メッセージを解釈してテキスト表示する</H3>
224 224

  
225 225
<P>HTMLメッセージのタグ等を解釈して、テキストとして見やすく整形して表示します。無効にした場合はHTMLタグがそのまま表示されます。</P>
226
<H3>multipart/alternative 内の HTML を優先して表示する</H3>
227

  
228
<P>メッセージにテキスト形式とHTML形式の両方が含まれる場合、HTMLを優先して表示します。デフォルトはテキスト部分を優先して表示します。</P>
226 229
<H3>HTML のみのメッセージを添付として扱う</H3>
227 230

  
228 231
<P>チェックを入れると、HTMLのみのメッセージを他の添付ファイル付きのメッセージと同様に表示し、HTMLを添付ファイルとして操作できます。チェックを外すと通常のテキストメッセージと同様に表示します。</P>

Also available in: Unified diff