Revision 3225 manual/ja/sylpheed-15.html

View differences:

sylpheed-15.html
37 37

  
38 38
<P>迷惑メールを学習するためのコマンドを指定します。あらかじめbogofilterが使用できるように設定されています。Windows版の場合はsylfilterが設定されています(WindowsではSylFilterの使用を推奨しています)。</P>
39 39
<P>「(プリセットを選択)」と書かれたオプションメニューで、sylfilter、bogofilter、bsfilterの既定の設定を選択することができます。</P>
40
<P>通常はそのままで問題ありません。</P>
41 40

  
42 41
<H3>Windows版でbsfilterを使用する場合の注意</H3>
43 42

  
......
78 77
<H3>受信時に迷惑メールをサーバから削除する</H3>
79 78

  
80 79
<P>メールをサーバに残す設定にしていた場合でも、強制的に迷惑メールをサーバから削除します。</P>
80
<H3>差出人がアドレス帳に含まれる場合は迷惑メールと判定しない</H3>
81

  
82
<P>差出人がアドレス帳に含まれる場合は既知の差出人として扱い、迷惑メールと判定しません。</P>
81 83
<H3>振り分けた迷惑メールを既読にする</H3>
82 84

  
83 85
<P>振り分けた迷惑メールの未読フラグを解除します。</P>
......
88 90

  
89 91
<H3>SylFilter</H3>
90 92

  
93
<P>Windowsでは %APPDATA%\SylFilter 以下のファイルをすべて削除します。</P>
91 94
<P>Unix/Linux環境では、~/.sylfilter 以下のファイルをすべて削除します。</P>
92 95
<H3>bogofilter</H3>
93 96

  

Also available in: Unified diff