Revision 3119 manual/ja/sylpheed-20.html

View differences:

sylpheed-20.html
17 17
<H2><A NAME="general-config-open"></A> <A NAME="ss20.1">20.1</A> <A HREF="sylpheed.html#toc20.1">全般の設定</A>
18 18
</H2>
19 19

  
20
<P>全般の設定ウィンドウを開くには
20
<P>全般の設定ウィンドウは以下から開くことができます。
21 21
<UL>
22 22
<LI>メニューから「設定>全般の設定」</LI>
23 23
<LI>ツールバーから設定をクリック</LI>
24 24
</UL>
25

  
26
することで開くことができます。</P>
25
</P>
27 26
<H2><A NAME="ss20.2">20.2</A> <A HREF="sylpheed.html#toc20.2">全般の設定の各項目の説明</A>
28 27
</H2>
29 28

  
......
35 34
<H3>起動時に新着メールをチェックする</H3>
36 35

  
37 36
<P>Sylpheed起動時に新着メールを自動チェックします。</P>
38
<H3>受信後にてのローカルフォルダを更新する</H3>
37
<H3>受信後にすべてのローカルフォルダを更新する</H3>
39 38

  
40 39
<P>メールの受信にprocmailなどの外部プログラムを使って直接MHフォルダにメッセージを取り込んだ場合フォルダの情報は自動的に更新されないので、これを有効にすることで最新の状態に更新できます。</P>
41
<H3>ローカルスプール(Unixのみ)</H3>
40
<H3>新着メッセージ通知</H3>
42 41

  
43
<P>スプールから取り込むを選択すれば、
42
<P>新着メッセージ到着時の通知方法を設定します。</P>
43
<H3>新着メッセージが到着したら音を鳴らす(Windowsのみ)</H3>
44

  
45
<P>新着メッセージ到着時に指定した音声ファイル(wav)を再生します。</P>
46
<H3>新着メッセージが到着したらコマンドを実行する</H3>
47

  
48
<P>指定したコマンドを実行します。コマンドの引数に %d を指定すると新着メッセージ数で置き換えられます。</P>
49
<H3>ローカルスプールから取り込む(Unixのみ)</H3>
50

  
51
<P>「ローカルスプールから取り込む」を選択すれば、
44 52
「(スプールディレクトリ)/(ユーザ名)」のファイルからメッセージが取り込まれます。
45
取り込み時に振り分けるを選択すれば、取り込み時に振り分けられます。</P>
53
「取込時に振り分ける」を選択すれば、取り込み時に自動的に振り分けられます。</P>
46 54
<H3>「送信 - 一般」タブ</H3>
47 55

  
48 56

  
......
212 220
「指定されていないヘッダを全て表示」が選択されている場合、
213 221
「表示しないヘッダ」に選択されたもの以外が表示され、
214 222
選択されていない場合、「表示するヘッダ」に指定されているもののみが表示されます。</P>
223
<H3>HTML メッセージを解釈してテキスト表示する</H3>
224

  
225
<P>HTMLメッセージのタグ等を解釈して、テキストとして見やすく整形して表示します。無効にした場合はHTMLタグがそのまま表示されます。</P>
226
<H3>HTML のみのメッセージを添付として扱う</H3>
227

  
228
<P>チェックを入れると、HTMLのみのメッセージを他の添付ファイル付きのメッセージと同様に表示し、HTMLを添付ファイルとして操作できます。チェックを外すと通常のテキストメッセージと同様に表示します。</P>
215 229
<H3>行間を空ける</H3>
216 230

  
217 231
<P>設定したピクセル分行間を空けて表示することができます。</P>
......
319 333
</P>
320 334
<H3>終了時</H3>
321 335

  
322
<P>終了時に確認するを選択すれば、Sylpheedを終了するときに、
323
本当に終了していいかどうか質問してきます。</P>
324
<P>終了時にごみ箱を空にするを選択すれば、終了時に自動的にごみ箱を空にします。
336
<P>「終了時に確認する」を選択すれば、Sylpheedを終了するときに、本当に終了していいかどうかを確認します。</P>
337
<P>「終了時にごみ箱を空にする」を選択すれば、終了時に自動的にごみ箱を空にします。
325 338
その場合に「空にする前に尋ねる」にチェックが入っている場合は、空にするかどうかを確認します。</P>
339
<P>「送信待機中のメッセージがあれば警告する」を選択すれば、終了時に未送信のメッセージがあった場合に警告を表示します。</P>
326 340
<H3>「詳細 - 外部コマンド」タブ</H3>
327 341

  
328 342
<H3><A NAME="ext-browser-config"></A> Webブラウザ</H3>
......
359 373
<P>この項目が設定されていない場合でも、環境変数 HTTP_PROXY が設定されていればそちらが使用されます。</P>
360 374
<H3>「詳細 - 高度な設定」タブ</H3>
361 375

  
376
<H3>サマリキャッシュの整合性を厳密にチェックする</H3>
362 377

  
378
<P>フォルダの内容が他のアプリケーションによって変更される可能性がある場合は有効にしてください。ただし、有効にするとサマリの表示により時間がかかります。</P>
379
<H3>ソケット I/O のタイムアウト</H3>
380

  
381
<P>通信がタイムアウトしたと判定されるまでの時間を秒数で指定します。デフォルトは60秒ですが、通信中に誤ってタイムアウトと判定されてしまう場合はこの時間を長くしてみてください。</P>
363 382
<H2><A NAME="ss20.3">20.3</A> <A HREF="sylpheed.html#toc20.3">ツールバーのカスタマイズ</A>
364 383
</H2>
365 384

  

Also available in: Unified diff